スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バウリンガルボイスの使用法をご紹介します♪

コマーシャルみたいに話せる犬なら苦労はしない…

でもホントにしゃべったら 可愛くないし^^;


この『バウリンガルボイス』、かなりのスグレモノ!

バウリンガルボイスは搭載されてる機能で『同時通訳』って

のが、日本で、音声・音響科学分野の第一人者である

日本音響研究所の所長、鈴木松美博士が、

犬の膨大な声紋データと声紋分析技術を元に開発した

『動物感情分析システム』を応用した技術なんです。

外出時の通信可能な距離は、

バウリンガルボイスの通信可能な距離は、建物の構造だったり、

その周囲の状況にもよるらしいですが、電池の消耗の度合いに

よっても変わってくるらしいですが、まず、バウリンガルボイスの

通信可能な距離は最適な条件で約10m。建物の構造、

送電線や無線通信機などによって短くなることがあります。

バウリンガルボイス分析データメモリーは、30日分保存可能。
データ分析メニューで確認できますよ。

ワンちゃんの鳴き声は、1つの感情だけではないらしい。
2つ以上の感情が同時に合わさって発せられることがある。

まず、例に上げると、『楽しい』って感情には『興奮』した
時の声、『緊張』した時の声も含まれているので
見知らぬ人や、他の犬達など、初対面で好奇心を刺激されたり
緊張したら『楽しい』って声になるんです。

またバウリンガルボイスは連続した鳴き声にも感情の変化が
あって、誰かが来た『威嚇』の声⇒飼い主だった『甘える』(かなしい)声⇒
遊んで!『要求・自己表現』の声などと、私たち人間と
同じように その時々で変化します。

バウリンガルボイスは解析結果だけでなく、バウリンガルボイスは
愛犬のしぐさや状況によってって事もよく踏まえて感情を
推して量って下さいね!

バウリンガルボイスの設置位置ですが、小型犬だと重たそうで…とよく言われますが
口とマイクの距離があまり離れてると正しく解析されないおそれが
あるので注意してください。

バウリンガルボイスはアナタと愛犬の意思の疎通を
サポートしてくれる優れもの^^

ぜひこの機会にバウリンガルボイスで愛犬と分かり合って見ませんか★

バウリンガルボイスの詳しい詳細はこ・ち・ら⇒






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。